フィースト3/最終決戦

フィースト3/最終決戦

いつまで地獄は続くのか…?モンスター・パニック映画第3弾

地獄はまだ続いていた…。怪物たちの襲撃を受け、テキサスの市街地はゴーストタウンと化していた。生存者たちは何とかしてこの地獄から脱出しようとする。しかし、うまくいかずに絶望を感じていた最中ジープに乗りマシンガンで武装した“カウボーイ”が颯爽と現れ、全員を市街地へと連れ出すと豪語するも…。そして、スクールバスに乗り込んでの脱出を試みるが、エンジンの不調により怪物たちに取り囲まれてしまう。そんな絶体絶命の中さらなる救世主と思われる“預言者”が現れた。彼が怪物たちの前に立ちはだかると、怪物たちは逃げ出してしまったのだ。“預言者”の導きによって生存者たちは地下の安全地帯へ向かうことができた。しかし、そこには怪物とは異なる更なる脅威と絶望が待ち受けているのだった…。

解説

世界初の公開が日本となる、モンスター・パニック映画第3弾。出演は1作目から引き続き、監督の父親でもあり『バタリアン』『ヒドゥン』のベテラン俳優、クルー・ギャラガーが“バーテン”役で出演。また『幸せのレシピ』のジェニー・ウェイドが“ハニーパイ”役を、“ハーレー・ママ”を演じたダイアン・ゴールドナーが双子の妹“バイカー・クイーン”を演じる。(作品資料より)

2009年7月4日より新宿バルト9、シアターN渋谷にて

  • 配給
  • トルネード・フィルム
  • 製作国
  • アメリカ(2009)
  • ジャンル
  • ホラー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジョン・ギャラガー
    出演:ジェニー・ウェイド/クルー・ギャラガー/ダイアン・ゴールドナー

公式サイトはこちら