マン・オン・ワイヤー
マン・オン・ワイヤー
マン・オン・ワイヤー

マン・オン・ワイヤー

NYツインタワーを綱渡りで歩く―― 驚異の挑戦を再現したアカデミー受賞ドキュメンタリー

1974年8月7日、朝。23歳のフランス人フィリップ・プティはNYワールドトレードセンターの屋上にいた。ツインタワーの間に張られた細い綱の上を綱渡りしようというのだ。彼はさかのぼること6年前に雑誌でツインタワー建設計画について読んで以来、この計画を企み続けてきていた。友人ジャン・ルイと共に少しずつ仲間を増やし、不可能と思われた準備を遂行。そしてついにフィリップは、綱に足をかけようとしていた……。

解説

2008年度のアカデミー賞で最優秀長編ドキュメンタリー賞を受賞した珠玉のドキュメンタリー。当時NYの象徴的存在だったツインタワーに張られた綱を渡るというパフォーマンスを実行に移すまでの軌跡を、関係者へのインタビューや再現映像などで綴る。ドキュメンタリーではあるが非常にドラマチックな構成で観る者を引き込み、実行当時「世紀の芸術犯罪」として大々的に報じられた世紀の綱渡りの瞬間へと誘っていく。その描写は強盗計画を立てる犯罪者たちを映した作品のようでスリリングだ。そして迎えた綱渡りの様子は静止画での表現。あまりに幻想的な光景に、息を飲んでしまうことだろう。

2009年6月13日よりテアトルタイムズスクエアほか全国にて順次公開

  • 配給
  • エスパース・サロウ
  • 製作国
  • イギリス(2008)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジェームズ・マーシュ
    出演:フィリップ・プティ/ジャン=ルイ・ブロンデュー/アニー・アリックス/ジム・ムーア/マーク・ルイス

公式サイトはこちら