孔雀夫人

シンクレア・ルイス作の映画化

サム・ダヅワースは二十年来自動車製造に従事して巨万の富を得、一人娘エミリイの結婚も済ましたので、妻フランの切なる願いを入れて欧州旅行を思い立った。フランは単純で正直だが年より若く見えるのが自慢で、伝統のない米国を軽蔑し、古い欧州文化に憧れていた。巨船クイーン・メリイ号はフランの夢を乗せて洋上を滑って行った。フランは船中で青年ロッカァトとホールで踊り、暗い甲板で語り合うようになった。しかしフランはロッカァトが戯れの恋を誘った時は、憤然として彼を振り切って夫に救いを求めたのであった…。

解説

舞台脚色をしたシドニー・ハワードが「人類の戦士」と同じく映画脚色し、「この三人」「お人好しの仙女」のウィリアム・ワイラーが監督したもので、舞台劇でも主演したウォルター・ヒューストンが主役を勤め、「夫の日記」「フリスコ・ジェニー」のルース・チャッタートンが相手役を演じる。「泉」「三銃士(1935)」のポール・ルーカス、「山小屋の一夜」「僕は軍人」のメアリー・アスターが共演するほか、「ローズ・マリイ(1936)」のデイヴィッド・ニーヴン、舞台劇と同役を勤めるグレゴリー・ゲイ及びマリヤ・オースペンスカヤ夫人、「噫初恋」のスプリング・バイントン、映画初出演の舞台俳優ジョン・ペイン、オデット・マーティル及びキャスリン・マーロウ等が助演している。キャメラは「ガルシアの伝令」「リリオム」のルドルフ・マテの担任。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ウィリアム・ワイラー
    出演:ウォルター・ヒューストン/ルース・チャッタートン/ポール・ルーカス/メアリー・アスター/デイヴィッド・ニーヴン/グレゴリー・ゲイ