作品 映画館 ニュース

アンナ・カレーニナ('67)

世界文学史上に輝く文豪トルストイ不朽の名作。最高の愛の名作を壮大なスケールで描く長編ロマン

ペテルブルグの政界に重きさをなす高官カレーニンの妻アンナがウロンスキーを知ったのは兄のオブロンスキーが妻のドリーと不仲になって困っているという便りをもらい、モスクワを訪れた日のことである。モスクワ駅に出迎えた青年将校ウロンスキーは、アンナに深く魅せられてしまい、アンナもまた同じ思いだった。その時起きた鉄道事故にアンナは不吉なものを覚えるのだった。二人は、その後も会い、踊り、語りあい楽しい時が流れた。一方、ドリーの妹キティは近在の青年貴族レービンに求愛されていたが、彼女の心は社交界の寵児ウロンスキーに傾いていた。そんなドリーの心を見抜いたアンナは、ウロンスキーから離れ、ひとりモスクワをたっていったが…。

解説

レオ・N・トルストイの名作をアレクサンドル・ザルヒが脚色・監督した文芸篇。撮影はカラー作品は初めてというレオニード・カラーシニコフ、作曲はロジオン・シチェドリン、演奏はモスクワ室内オーケストラ。指揮はルドルフ・バルシャイである。美術はアレクサンドル・ボリソフ。出演は「戦争と貞操」のタチアナ・サモイロワ、舞台出身のワシリー・ラノボイ、「戦争と平和」のアナスタシア・ヴェルチンスカヤ、「小犬を連れた貴婦人」のイヤ・サーヴィナ、ニコライ・グリツェンコ。加えて今世紀最高のプリマとして名高いボリショイ・バレエのマイヤ・プリセツカヤが特別出演し、名演技を見せるなど豪華な顔ぶれである。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • ソ連(1967)
  • ジャンル
  • ラブ・ストーリー 

公式サイトはこちら