作品 映画館 ニュース

黒の死球

瑞穂春海が監督した推理もの、“黒”シリーズの七作目

ルビースのスカウト柏木は、高校随一の左腕投手菊川を獲得した。喜びも束の間、先輩スカウト、イーグルスの浜田の死を知った。警察は断崖下で発見された浜田を菊川獲得失敗からの自殺と断定した。柏木は自殺説を信じなかった。浜田の娘しず枝は、遺品中に女物の高級時計購入の領収書を発見したが、実物は見あたらなかった。そんなしず枝にレントゲン写真が届いた。浜田の頼んだもので、骨折した男の左腕だった。過日、菊川はケガをしていたので行ってみたが菊川は回復していた。偶然バアで柏木は浜田の時計ナルダンをしているユカリという女をみつけた。翌日、柏木はユカリを訪ねたが、彼女は失踪していた…。

解説

オール読物所載・高原弘吉原作“あるスカウトの死”を「やっちゃ場の女」の田口耕三が脚色、「殺陣師段平(1962)」の瑞穂春海が監督した推理もの、“黒”シリーズの七作目である。撮影は「黒の報告書」の中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1963)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:瑞穂春海
    出演:宇津井健/河野秋武/藤由紀子/倉石功/春本富士夫/遠藤哲平/神山繁/杉田康/村田扶実子/近藤美恵子