作品 映画館 ニュース

秩父水滸伝 影を斬る剣

井田探が監督した“秩父水滸伝”シリーズ第二作目

激しい自由民権運動の中で秩父事件が起きた明治時代。真の剣を学ぶため山岡鉄舟の門を叩こうと東京に向う玄吾は、途中の飯能で弁舌のたつ桂二郎と知り合い意気投合した。駿河屋治平の所に宿を取った二人は、この町が、警察権力と結託したやくざ、仙造一家に牛耳られていることを知った。剣術興行の一座も仙造に法外な歩合を要求され難渋しているのを見て、玄吾は暴力によらずに町を粛正しようと決心した。しかし警察にかけあっても埒があかず、玄吾は視察に来た県令吉田に直訴したのである。そんな玄吾に女剣舞師花子が心を寄せていた。

解説

村松梢風の原作『梢風名勝負物語』(読売新聞社刊)を、「秩父水滸伝 必殺剣」の宮本智一郎と岩崎孝が脚色、「新・男の紋章 若親分誕生」の井田探が監督した“秩父水滸伝”シリーズ第二作目。撮影はコンビの萩原泉。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 任侠/時代劇

公式サイトはこちら