ア・ダーティ・シェイム

“セックス狂”VS“アンチ・セックス”!本能か理性か?究極の人間性の争いに決着はあるのか?

ボルティモア市のとあるブルー・カラーの街。この街は最近、奔放なセックス革命が蔓延っている。気難しい中年主婦シルビア・スティックルは静かな街を汚染していくこのセックス運動の奔放さに苛立っているし、シルビアの母ビッグ・エセルもこの運動を鎮めようとしている。シルビアの夫ヴォーンはセックスに夢中で、欲求が強く、シルビアを求めるが、シルヴィアにとってはあまり関心がない。シルビアの娘カプリスは豊胸手術による超巨乳の持ち主で職業はストリッパー。娘は公共の面前で露出狂的な振る舞いが多く、自宅監禁の身になっている。しかし、お堅いシルビアと、セックスの教祖レイ・レイ・パーキンズとの出会いによって、シルビアの隠れた肉欲が徐々に引き出されていき、お堅かったシルビアはセックス中毒に変貌していく…。そして、セックス革命を崇拝するレイ・レイの一団と、シルビアの母ビッグ・エセルやマージが率いるアンチ・セックスの会は真っ向から対立していくのだった…。(作品資料より)

解説

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • アメリカ(2004)
  • ジャンル
  • アダルト コメディ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジョン・ウォーターズ
    出演:ジョニー・ノックスビル/トレイシー・ウルマン/セルマ・ブレア