作品 映画館 ニュース

博奕打ち 不死身の勝負

小沢茂弘が監督した“博奕打ち”シリーズ第三作目

かつては隆盛を誇った筑豊炭田も、昭和初期になると安価な撫順炭に押されて不景気に追い込まれていた。鉱主は賃下げや運賃の予算縮小でこの不況打開を計った。それに反発した若松の花村海運の女社長スギは、鉱主の一人石島の暴力を受けたが、ちょうど居合せた常太郎に助けられた。彼は“爆弾常”の異名をとる博奕打ちで、鉱主たちの開く賭場に来ていた。常太郎の気っぷに惚れたスギは番頭格の宮田と義兄弟の盃を交させ、身内に加えたが…。

解説

「博奕打ち 一匹竜」のコンビの小沢茂弘と高田宏治が共同でシナリオを執筆し、小沢茂弘が監督した“博奕打ち”シリーズ第三作目。撮影は「兄弟仁義 続・関東三兄弟」の山岸長樹。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 

公式サイトはこちら