伴淳・森繁のおったまげ村物語

「引越やつれ」の堀内真直が監督した喜劇

上州赤城山の麓、粕山村。人呼んで“おったまげ村”という。この村に馬糞の九さんと呼ぶお人好しの青年がいた。彼は夜毎、岡惚れの女小夜のいる居酒屋福助に通っていた。小夜は福助の女将おとらの姪で、最近東京からきた女である。小夜をめぐる九さん最大のライバルは、西向の三八だった。三八は、町の化粧品問屋の一人息子で目下行商見習中といった所。夕方になると決って小夜の許に通っていた。だが小夜は九さんと三八とを体よくあしらって二人を手玉にとっていたのであった…。

解説

須藤東起の原作を、馬場当・堀内真直が脚色し、「引越やつれ」の堀内真直が監督した喜劇。撮影も同じく小原治夫。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:堀内真直
    出演:伴淳三郎/森繁久彌/高千穂ひづる/渥美清