水戸黄門(’60)

小国英雄の脚本を松田定次が監督した、オールスター・キャストによる黄門映画

元禄四年江戸には大火がしきりにあった。水戸黄門と助さん格さんは身分をかくして米沢町の一ぜん飯屋に入り、そこで浪人井戸甚左衛門と知りあった。黄門主従はその夜甚左衛門の長屋に泊まった。すると、甚左衛門の友人村尾が殺され、甚左衛門は犯人として町方に捕らえられてしまい…。

解説

「はったり二挺拳銃」の小国英雄の脚本を、「旗本退屈男 謎の暗殺隊」の松田定次が監督した、オールスター・キャストによる黄門映画。撮影も同じく「旗本退屈男 謎の暗殺隊」の川崎新太郎が担当。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:松田定次
    出演:中村錦之助/大川橋蔵/丘さとみ/桜町弘子/大川恵子/片岡千恵蔵/月形龍之介/市川右太衛門/中村賀津雄/伏見扇太郎