作品 映画館 ニュース
潜水服は蝶の夢を見る
潜水服は蝶の夢を見る

潜水服は蝶の夢を見る

体の自由を失った男が20万回の瞬きで自伝を書き上げた実話を、『夜になるまえに』のシュナーベル監督が映画化

病院のベッドで目を開けたジャン=ドーは、自分が何週間も昏睡状態だった事を知る。そして身体がまったく動かず、唯一動かすことができるのは左目だけだという事も。ジャン=ドーは雑誌「ELLE」の編集者で、三人の子どもの父親だった。彼は言語療法士の導きにより、目のまばたきによって意思を伝える事を学ぶ。やがて彼はそのまばたきで自伝を書き始めた。その時、彼の記憶と想像力は、動かない体から蝶のように飛び立った…。

解説

原題は「潜水服と蝶」。潜水服とは身体的に不自由な状況を、蝶はそんな状況の中にあっても自由な彼の思考や想像力を現しており、そのイメージがたびたび映画の中で示される。動くのは左目だけという絶望的な状況の中でも生きる希望を見出す主人公とそれを支える人々。自身が画家でもあるシュナーベル監督は、派手な演出を排し、大人の冷静さを持ってそれを静かに描く。一人称目線で語られる前半に対し、後半は広がる想像力に呼応するようにカメラが自由に動くが、主人公の心情を視覚化したその映像は素晴らしいに尽きる。撮影監督はスピルバーグ作品でおなじみの名匠ヤヌス・カミンスキー。本作はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞。

2008年2月9日よりシネマライズほか全国にて

  • 配給
  • アスミック・エース エンタテインメント
  • 製作国
  • フランス=アメリカ(2007)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジュリアン・シュナーベル
    原作:ジャン=ドミニク・ボービー
    脚本:ロナルド・ハーウッド
    出演:マチュー・アマルリック/マリー=ジョゼ・クローズ/マックス・フォン・シドー

公式サイトはこちら

(c) Pathe Renn Production-France 3