奈緒子
奈緒子
奈緒子

奈緒子

心地よい感動を約束する“駅伝”青春映画

喘息の療養で訪れた島で、12歳の奈緒子は走ることが大好きな10歳の少年・雄介と出会う。ある時両親に連れられ釣り船で沖合に出た奈緒子は、誤って海に転落、その時救助してくれた雄介の父が命を落としてしまう。その日以来、奈緒子は罪の意識に悩むことになる…。それから6年の時が流れ、雄介は高校陸上界期待のランナーになっていた。駅伝に転向した雄介は、やがて初めてのレースに挑戦することになり…。

解説

1994年から2001年まで「ビッグコミック・スピリッツ」誌に連載され人気を博したコミック「奈緒子」を、『ロボコン』や『さよならみどりちゃん』など、秀作青春映画を生みだした古厩智之監督の手により映画化。主演映画が目白押しの上野樹里、三浦春馬を筆頭に、駅伝チームのメンバーにはこれからの日本映画界を担っていくであろう若手俳優が出演していて要注目だが、コーチを演じた笑福亭鶴瓶の存在感が出色。生徒たちに対しての優しさと厳しさ、そして奈緒子と雄介に向けた温かいまなざしに、涙すること必至だ。加えて、風光明媚な長崎県壱岐(物語の中では“波切島”)の美しい風景にも注目してほしい。

2008年2月16日よりシネ・リーブル池袋、アミューズCQNほか全国にて

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • 日本(2008)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:古厩智之
    出演:上野樹里/三浦春馬/笑福亭鶴瓶/光石研/山下容莉枝

公式サイトはこちら