作品 映画館 ニュース

仮面ペルソナ

ウルマンの初主演作品。「沈黙」のイングマール・ベルイマンが製作・脚本・監督を担当

エリザベート・フォグラーは、今や舞台女優として確固とした地位を築き、家庭生活においても善良な夫と可愛い息子に恵まれ、至極幸福であった。ところがある日、彼女は舞台で「エレクトラ」に出演中、突然セリフが喋れなくなってしまった。それはほんの一瞬間の出来事だったから、別に大したこともなく無事演技を終えたのだったが、数日後、その発作が再発、彼女は言葉を失うと同時に、身体の動きをも失ってしまった…。

解説

撮影はコンビのスヴェン・ニクヴィスト、音楽はラーシュ・ヨハン・ワーレが担当した。出演は「砦の29人」のビビ・アンデショーン、舞台俳優で、映画には初登場のリヴ・ウルマン、「愛のレッスン」のグンナール・ビヨルンストランドほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • スウェーデン(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 

公式サイトはこちら