暗黒街の弾痕(’61)

「独立愚連隊西へ」のコンビ関沢新一の脚本を、岡本喜八が監督したアクション

山間の峠道「三角峠」で高性能エンジンをテストしていた草鹿一郎は、飛びだしたダンプカーにはねられ崖下に転落していった。技師小松の知らせで兄の急死を知った捕鯨砲練習所の指導員草鹿次郎は、コマツモータースで兄の死が産業スパイの犠牲になったのではないかと聞かされた。産業スパイとは産業界の新しいアイデアを盗みそれによって莫大な利益を得んとするニュータイプの悪の組織だ。その晩次郎は盛り場の飲み屋で大学時代の親友須藤健に再会した。健はインチキ週刊誌と悪質のトップ屋を兼業している男だ。その健が狙っているのはあらゆる悪事に手を染めてる互栄経済研究所長大鳥とマルサンビル工事に関する暴力団能中組の不正だった。

解説

撮影は「花のセールスマン 背広三四郎」の小泉福造。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:岡本喜八
    出演:加山雄三/佐藤允/三橋達也/ミッキー・カーチス