そして、デブノーの森へ

その罠は閉ざされた過去への扉を開く

セルジュ・ノヴァクの名で素顔を隠したまま人気作家としてベストセラー小説を発表し続けるダニエルは、義理の息子の結婚式へ出席するためカプリ島へ向かう途中、ミステリアスな美女ミラと出会い一夜を共にする。翌日、式場へ赴くと、ミラこそが花嫁だった。ジュネーヴの自宅に戻ってからもミラとの情事を止められないダニエルに、ある日、密会の隠し撮りと、妻にさえ打ち明けていない過去を暴く古い写真が届く。

解説

妖しく美しいアナ・ムグラリス扮するミラの誘惑に打ち勝てる男はいない。その代償に、穏やかで豊かな暮らしを送るダニエル・オートゥイユ演じる作家は、用心深く封印してきた過去と正面から対峙することを余儀なくされる。が、すべては偶然ではなく必然であり、巧妙に仕掛けたつもりの罠が、実は運命的な絆をたぐり寄せたに過ぎなかったのだと気づいたとき、世代を越えた悲劇が重く伸し掛かる。このビターで緻密で官能的なミステリーは、フェリーニやコッポラらの現場で映画製作の腕を磨いてきたイタリア映画界の次代を担うロベルト・アンドゥによる長編第2作。ヨーロッパ映画のクオリティの高さをまざまざと見せつける。

2007年6月30日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開

  • 配給
  • アット エンタテインメント
  • 製作国
  • フランス=イタリア=スイス(2004)
  • ジャンル
  • ラブ・ストーリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:ロベルト・アンドゥ
    出演:アナ・ムグラリス/ダニエル・オートゥイユ/グレタ・スカッキ/ミッシェル・ロンズデール/マグダレナ・ミェルツァン/ジョルジオ・ルパーノ

公式サイトはこちら