作品 映画館 ニュース

ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド

アース・ウィンド&ファイアーの名盤を生んだ幻の映画が、32年の時を経て日本初上陸!

名プロデューサー、コールマン。彼はデビューを控えた“グループ”のレコーディング中だったが、会社の上層部から“ペイジズ”のプロデュースをするよう命じられる。会社は“ペイジズ”を人気絶頂のカーペンターズの2匹目のドジョウを狙っていた。会社に逆らえないコールマンは、渋々“ペイジズ”のレコーディングを開始。だがコールマンが“ペイジズ”のメンバーと恋仲になったことで、“グループ”との信頼関係は悪化し…。

解説

70年代ダンス&ソウル・ミュージックの覇者、アース・ウィンド&ファイアー。彼らの名盤「暗黒への挑戦」は、メンバーが総出演した本作のサウンドトラックとして製作されたのだが、日本ではその存在すら知られていなかった。だがアメリカで発見された幻のネガをHDリマスタリング。アース〜は出場こそ少ないが、彼らの貴重なレコーディング風景、そしてベーシストが宙を飛び、壁に取り付けられたグランドピアノが演奏者ごと回転する(!)驚愕のライブ映像だけでも一見の価値アリ。また、主演に若き日のハーヴェイ・カイテル、監督に伝説的ブラック・ムービー『スーパーフライ』の製作者シグ・ショアと、シネフィルにもグッとくる1本。

2007年4月14日よりシアターN渋谷(レイト)にて

  • 配給
  • シネフィル・イマジカ
  • 製作国
  • アメリカ(1975)
  • ジャンル
  • Music/ミュージカル ラブ・ストーリー
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・製作:シグ・ショア
    音楽:アース・ウィンド&ファイアー/モーリス・ホワイト
    出演:ハーヴェイ・カイテル/アース・ウィンド&ファイアー/エド・ネルソン

公式サイトはこちら