女組長

江波杏子が新橋芸者に! 父の敵を木遣りで討つ、美しき女組長!!

明治末期。ゐ組の組頭・村松喜三郎が殺された。ゐ組は、新橋駅の荷役を一手に引受けていたが、それを狙った沢木組組長・沢木の仕業と専らの噂だった。喜三郎の娘・澄は、蔦吉と名乗る新橋の芸者。沢木の糸を引く院外団の黒幕・大沢、澄の姐さん芸者・かね子の旦那だった。かね子はゐ組の仙之助と惚れ合っていたが、仙之助は善三郎殺しの下手人を引受ける代りに、大沢と沢木から、かね子を身請けする金を引き出そうとしていた……。

解説

「刺客列伝」の宮川一郎と「悪名一番勝負」のマキノ雅弘が脚本を共同執筆し、マキノが監督した女任侠もの。撮影は、『女賭博師花の切り札』の中川芳久が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:マキノ雅弘
    出演:江波杏子/平泉征/成田三樹夫/小瀬朗/吉田豊明