ボンボン

幸福犬ボンボンが、冴えないおじさんに幸せを運んできた!

初老のビジュガスは、寂れた道路沿いのガソリンスタンドで20年間働いてきた。しかし、ある日突然スタンドが売却され、あっけなくクビに。手彫りのナイフを売って生計を立てようとするが、うまくいかず身を寄せている娘夫婦の家にも居場所がない。ある日、仕事の途中で車が故障して困っている女性を見つけ、修理を手伝ったお礼に、白い犬をもらう。ドゴ・アルヘンティーノという血統書付の名犬は人々に注目され、やがて…。

解説

ヨーロッパ中で大ヒットした幸福犬ボンボンと冴えないおじさんの第2の人生探しの物語。犬をもらってから幸運に恵まれるというところなど、アルゼンチン版「わらしべ長者」だ。監督は、『王様の映画』のカルロス・ソリン。「演技よりも、その人自身の言葉や表情を映画にしたい」と語っているが、貧しいが温かい心を持ったビジュアスの笑顔を見ているだけで、彼の人生が手に取れる。それもそのはず。ビジュアスもドッグトレーナーのワルテルも、俳優ではなく実際にパタゴニアで出会った一般の人を監督が気に入り、説得して映画に出演してもらったのだそうだ。名犬ボンボンに最後にもたらされた本物の幸せには、誰もがにんまりするだろう。

2007年4月14日よりシネカノン有楽町ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • シネカノン
  • 製作国
  • アルゼンチン(2004)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:カルロス・ソリン
    出演:フアン・ビジュガス/ワルテル・ドナード

公式サイトはこちら