作品 映画館 ニュース

ピンチクリフ・グランプリ

30年前が“新しい”!?北欧産人形アニメの傑作

自転車修理工で発明家のレオドルと助手のアヒルのソランとハリネズミのルドビグ。彼らは、かつて自分たちが作り上げたスーパーカーの設計図を盗んで逃げたヤツが、近く開催されるグランプリ・レースにエントリーしている事を知る。そして1年後。苦心の末作り上げた渾身の車、“イル・テンポ・ギガンテ号”でレースに挑む事になった三人。最新の技術を駆使した車が並ぶ中、彼らはグランプリ・レースを制する事ができるのだろうか?

解説

1975年にノルウェーで製作された人形アニメ。当時、本国では観客動員No.1を記録し、永く“人形アニメの最高傑作”と評されてきた作品だ。登場するマシンの精巧さに驚くと同時に、サーキット場でレースを見守る観客の一人ひとりにまで生命を吹き込んだかのように、そのキャラクターたちは生き生きとしている。独特の人形操作方法は特許を取得しているというが、その職人的な技術は、30年の時を経た今でも新鮮に映るから驚きだ。また、それぞれのキャラクターの声に、「タイムボカン」や「ヤッターマン」など往年の「タツノコ・アニメ」を思い出す人も多い事だろう。

2007年02月03日よりシアターN渋谷ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • メディア・スーツ
  • 製作国
  • ノルウェー(1975)
  • ジャンル
  • アニメーション アドベンチャー

公式サイトはこちら

(C)1977 Caprino Filmcenter A/S. All Rights Reserved.