やくざの勲章

『宝石泥棒』の井上梅次が監督したやくざもの。

昭和23年敗戦の混乱期に生まれた不思議な集団、それは国籍を持たぬ不良外人達である。東海市では新興のメリケンマーケットが公然と禁制品を売り、社長のマック、専務のチャーリーは日本人の経営する店を叩きつぶしていた。戦前から地元の縄張りを握っている川島組は、組長川島のきつい命令で彼らの横暴さをただ拳を握って見逃がすより他になかった。無力な警察、市当局でも手の打ちようがなかった。川島組の幹部秀次郎は生来喧嘩早く、組長のやり方には腹の虫がおさまらない。日を追って彼らの横暴は極に達し、警察でも敏腕の斎藤警部らが血みどろの活躍をするが治外法権の中では手を出せなかった…。

解説

オール読物所載梶山季之原作を『風神雷神』の松浦健郎と『宝石泥棒』の井上梅次が共同で脚色、井上梅次が監督したやくざもの。撮影は「七人のあらくれ」の渡辺徹。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1962)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:井上梅次
    出演:田宮二郎/藤巻潤/本郷功次郎