夢遊ハワイ

それは夏の日の夢、ここを過ぎて大人になる

幼なじみの女の子シンシンが死ぬ夢を兵役終了間近のベッドで見たアーチョウは胸騒ぎを覚える。そんな折り、銃を持ったまま脱走した後輩クンフーをこっそり連れ戻す極秘任務を上官から命じられる。相棒のシャオグェと共に兵舎を出たものの、シンシンのことが気になり、先に彼女の居場所を突き止めた。だが、彼女は精神を病んで入院していたのだ。そして、面会に来たアーチョウからシンシンは離れようとしない。仕方なく病院から彼女を連れ出すが…。

解説

台湾にも兵役があり、若者たちは徴兵され20歳前後の貴重な時間を国に捧げる。大人として社会に出る前のこのプロセスが、その後の人生に与える影響は小さくないはずだ。加えて、学歴社会で生き残るための熾烈な受験戦争もある。どちらもそこからはみ出すことを許さない厳しいシステムだ。では、脱落してしまった者はどうなるのか?初メガホンをとった本作で、シュー・フーチュン監督が一つの形を見せてくれる。ほろ苦さを伴い、美しいだけではない青春を…。躓いて疲弊した心には、ただそっとそばにいることが一番なんだ、ということに気づかせてくれる。

2006年9月2日より新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • IMX、アステア
  • 製作国
  • 台湾(2004)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:シュー・フーチュン
    出演:トニー・ヤン/ファン・ホンセン/チャン・チュンニン/ホァン・タイアン

公式サイトはこちら