サイレントノイズ

電子機器から聞こえる雑音が、ただのノイズではなく、死者の声を伝えているとしたら……。

建築家のジョナサンは作家のアンナと再婚し、幸せの中にあった。しかしある日、アンナが姿を消す。ほどなく車は発見されるも、彼女の姿はなく、彼の心は不安定になっていく。そんなある日、見知らぬ男レイモンドがやってきた。すでにアンナは死んでおり、彼女の声を、EVP(電磁音声伝達現象)で聞き、やってきたのだと言う。やがてアンナの遺体が発見された。半年後、奇妙な現象に見舞われるようになったジョナサンは、レイモンドを訪ね、EVPの録音に妻の声を聞くのだった……。

解説

EVPという、テレビやラジオといった電子機器が受信するノイズを媒体として、死者がメッセージを伝えてくる現象を、初めて映画に取り入れた作品。EVPを研究する学者や組織は、実際に世界各国に存在している。主演は『バットマン』の主演などで知られるマイケル・キートン。失った妻とコンタクトできるのならばと、EVPにはまっていくジョナサンの姿に、その演技力で説得力を与える。また、『サイレントヒル』での演技も記憶に新しいデボラ・カーラ・アンガーや、『オリバー・ツイスト』のイアン・マクニースが共演。観る者を独自の世界に引き込んでいく。それが禁断の扉だとしても、愛する者の声を聞けるなら開けてしまうだろうかと、考えてしまう未知のサウンドスリラー。

2006年9月16日よりお台場シネマメディアージュほか全国にて順次公開

  • 配給
  • ザナドゥー
  • 製作国
  • アメリカ(2004)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ジェフリー・サックス
    出演:マイケル・キートン/デボラ・カーラ・アンガー/チャンドラ・ウェスト/イアン・マクニース

公式サイトはこちら