昭和残侠伝 一匹狼

『昭和最大の顔役』の佐伯清が監督した“昭和残侠伝シリーズ”第三作。

昭和の初期。銚子に近いある漁港町。間もなく近づくマグロ漁を前に、他の網元をつぶして、マグロを独占して、ひともうけしようと企んだ網元川鉄一家は、暴力と札束で網子を着々自分の傘下に収めていた。老舗の網元、浜徳の主人浜田勇吉も、浜徳を助ける潮政一家の貸元秋津政太郎も、川銀一家にほとほと手を焼き、はやる子分の気持を抑えるのに必死だった。元、関東島津組の幹部だった武井繁次郎が、政太郎の家に住みついたのはこんな時だった。繁次郎は、川銀の仕打ちに腹をたてるのもさることながら、昔の親分を暗殺した刺客桂木竜三が、川銀一家復讐の機会を狙っていた。

解説

『流れ者仁義』を共同執筆した山本英明と、松本功が今度も二人でシナリオを執筆。『昭和最大の顔役』の佐伯清が監督した『昭和残侠伝シリーズ』第三作。撮影は、『続・おんな番外地』の星島一郎が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1966)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:佐伯清
    出演:高倉健/池部良/藤純子