あゝ陸軍隼戦闘隊

『あゝ海軍』の村山三男が監督した戦記もの。

昭和四年、加藤建夫中尉は、所沢飛行学校の教官となった。加藤は、二人の優秀な教え子を持った。木原少尉と、中華民国陸軍中尉の趙英俊だった。やがて、日本と中国は戦火を交えることになった。昭和十二年北支戦線に出動した加藤戦闘機隊長は、撃墜王の名を欲しいままにした。ある日、木原が、竜のマークをつけた敵戦闘機に不意をつかれ、戦死した。それはかつての留学生趙英俊の機だった。加藤は、一騎討ちを挑み、遂に撃墜するがその一瞬の焔の色が忘れられなくなった。加藤は、妻・加寿子に真赤な焔の夢を語った。加寿子は、その焔がいつかは夫をも焼く焔であることを悟り、覚悟を決めた。

解説

須崎勝弥が脚本を執筆し、『あゝ海軍』の村山三男が監督した戦記もの。『いそぎんちゃく』の渡辺公夫が、撮影を担当した。 (キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1969)
  • ジャンル
  • 戦争 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:村山三男
    出演:佐藤允/藤村志保/平泉征