ジャンプ!ボーイズ

7人の少年たちが金メダルを目指して大奮闘!!

時は2003年夏。台湾の地方都市、羅東鎮の公正小学校には、放課後になると体操選手として練習を積む子供たちがいる。運動能力に優れていると見初められると選抜体操クラブに入部できるのだ。そして今、10月に行われるジュニア体操全国大会に向けて、子供たちは猛特訓の毎日を送っている。トレーニングは月曜日から土曜日までの週6日。表彰台のいちばん高いところを目指して、アザだらけの“ジャンプ!ボーイズ”は突き進む!

解説

2005年の初夏の台湾で、「元気なれる映画」と話題になった、1本のドキュメンタリー映画がある。台湾東部に住む幼稚園児から小学2年生までの少年7人が、熱血コーチとともに全国体操大会を目指す姿を追った『ジャンプ!ボーイズ』がそれだ。台湾で国産映画がヒットすることが、それもドキュメンタリー映画がヒットするなんて、快挙といっていい出来事。ちょっぴり泣き虫な小さな7人が一心不乱に頂点を目指す姿は胸を打つだろう。そして、日本の子供たちも、7人のがむしゃらな姿に明るい未来を夢見る力を思い出すかもしれない。(作品資料より)

2006年7月15日よりシネスイッチ銀座にて

  • 配給
  • 東京テアトル+ツイン
  • 製作国
  • 台湾(2004)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:リン・ユゥシェン
    出演:ホアン・ジン/リン・シンチ/リィ・シャンエン

公式サイトはこちら