ミュージック・クバーナ

キューバの伝説的歌手ピオ・レイバが、若手ミュージシャンたちとバンドを結成する。歌い継がれる伝統と新しいリズムが、興奮を呼ぶ。

キューバではその名を知らない人はいないというほどの大ベテラン歌手ピオ・レイバ。ラジオ局へ向かう彼を偶然乗せたタクシー運転手バルバロは、若手ミュージシャンと組んでバンドを作ろうというアイデアを話す。初めは興味がなかったレイバだが、熱心なバルバロに連れられて女性シンガーのオスダルヒアの歌声を聴いてからは、本気で取り組み出す。2人は若くて実力のあるミュージシャンを求めて、ハバナの街のあちこちへ足を運ぶ。リハーサルを繰り返し、やがてバルバロの夢は海外公演へと向かう。

解説

大ヒットした『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』にも登場した歌手、ピオ・レイバ。その彼がタクシー運転手を案内役に、キューバの若手ミュージシャンと交流し、新しい才能を紹介していく。そんなストーリーはいちおうあるが、演奏シーンを中心とした構成は「半ドキュメント」だ。ストーリーというより、キューバの「いま」のミュージックシーンを世界へ向けて発信するのがこの作品の目的なのだから。ただし「いま」といっても新しさだけではなく、そこにはピオ・レイバに代表されるキューバ音楽の「ルーツ」が脈々と流れている。クライマックスのコンサートシーンは東京への「海外公演」。そこでの盛り上がりは言葉は不要だ。激しいリズムとすばらしい歌声による圧倒的な迫力に、酔いしれないはずはないからだ。

2006年7月1日よりシネクイント(レイト)ほかにて

  • 配給
  • ファントム・フィルム、ハピネット・ピクチャーズ
  • 製作国
  • ドイツ(2004)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:ヘルマン・クラル
    製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース
    出演:ピオ・レイバ/バルバロ・マリン/マリオ”マジート”・リベーラ

公式サイトはこちら