海を渡る波止場の風

小林旭の流れ者シリーズの第二篇。

奄美大島の復興資金五千万円を積んだセスナ機が鹿児島上空から墜落した。しかし機の残骸からは金も操縦士野村光彦の死体も発見されなかった。事件は光彦の計画的狂行と見られた。光彦の潔白を信じる許婚者の塚越尚子は貿易会社の社長である父と鹿児島に同行した。桜島で尚子はやくざの奥山五郎に襲われた。五郎を追って来た愛人のダンサーみどりも住みついた。五郎の手から尚子を救ったのは流れ者の野村浩次だった。浩次は光彦の兄で、光彦の潔白を証すため二人は協力することになった。五郎と五千万円の行先を探し始めた。二人の疑惑は墜落事件後羽ぶりのよくなったキャバレー「エメラルド」に向けられた…。

解説

『海から来た流れ者』に続く小林旭の流れ者シリーズの第二篇。脚色・山崎巌、大川久男、監督・山崎徳次郎、撮影・姫田真佐久といずれも『海から来た流れ者』のスタッフ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:山崎徳次郎
    出演:小林旭/浅丘ルリ子/宍戸錠