美しい人

『彼女を見ればわかること』のロドリゴ・ガルシア監督による、愛や人生に苦悩する9人の”彼女たち”による9つのストーリー

第2話「ダイアナ」夜のスーパーで偶然昔の恋人に再会したダイアナ。差し障りのない会話を続けるうち、お互いの感情が高まっていくふたり。第5話「サマンサ」車椅子の生活を続ける父親と、その介護に疲れた母親は直接会話を交わすこともなく、いつも娘のサマンサを通じてしかお互いの様子を知ろうとしない。最終章「マギー」墓参りにやってきたマギーと娘のマリーの親子。新緑の午後のひとときが過ぎて行くが…。

解説

ロドリゴ・ガルシア監督の描く世界は人間の一瞬の心の動きを表現した非常に繊細なものだ。『彼女を見ればわかること』や『彼女の恋からわかること』同様、今回もすべて女性を主人公とした短編からなっている。しかも基本的にすべてワンシーン、ワンカット。つまり実際の時間と映画内の時間の経過が一致しており、編集が加えられていない俳優の連続した演技が見られるのだ。そこからは徐々に高まっていく繊細な感情の動きが実にリアルに感じられ、見ている方も高いテンションを強いられる。人生の10分間の中に、いかに多くの感情やドラマが刻まれるものか再認識させられ、そして自分の人生の貴重な瞬間を振り返られずにはいられない。そんな作品だ。

2006年7月1日よりBunkamura ル・シネマにて

  • 配給
  • エレファント・ピクチャー、ツイン、博報堂DYメディアパートナーズ
  • 製作国
  • アメリカ(2005)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア
    出演:キャシー・ベイカー/グレン・クローズ/ダコタ・ファニング/ホリー・ハンター

公式サイトはこちら