親密すぎるうちあけ話

この話はあなただけに…。

夕暮れのパリの街を、ひとりの女が急ぎ足で歩いている。どこか日々の倦怠を身にまとったような彼女は、薄暗いビルのエレベータに乗り込み、6階のモニエ医師の診察室へと向かう。先客と入れ替わるように女を出迎えた男は、「6時に予約を」という彼女に不審な表情を浮かべながらも、オフィスに招き入れる。おもむろに長椅子に座った彼女は、いきなり結婚生活の悩みを打ちあけるのだった。「結婚して4年ですが、夫とうまくいかないんです。」半年間、彼女の夫はセックスはおろか、一度も彼女に触れないのだと言う。すっかり冷え切った夫婦関係を一気に告白した女は、当惑顔の男の言葉を待つこともなく、次のカウンセリングの予約をして、早々にオフィスから立ち去っていった…。

解説

本作『親密すぎるうちあけ話』は、2004年2月のベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された後、2月25日にフランス公開。「ルコントの最も素晴らしい作品」(プルミエール誌)など大絶賛され、04年8月からは全米公開。「ヒッチコックの最高作の精神を継承している」(ニューヨーク・タイムズ誌)と最高の賛辞で迎えられるなど、『列車に乗った男』に続くロングランヒットを記録した。愛の舞台は、薄暗いパリのアパルトマンの一室から、やがて陽光が穏やかに輝く南仏のバレエ教室へ…そこであなたは感動的な愛の奇跡に胸を打ち奮わせることでしょう。(作品資料より)

2006年6月10日よりシャンテ・シネほか全国にて順次公開

  • 配給
  • ワイズポリシー
  • 製作国
  • フランス(2004)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:パトリス・ルコント
    出演:サンドリーヌ・ボネール/ファブリス・ルキーニ/アンヌ・ブロシェ

公式サイトはこちら