作品 映画館 ニュース

日本やくざ伝 総長への道

『網走番外地』『昭和残侠伝』『日本侠客伝』のシリーズを持つ高倉健の新シリーズ第1作目。

昭和初期。高崎前田一家代貸不動竜太郎が、関東前田一家の総長に推されたことから総長の跡目相続をめぐって一家一門の対立が始まった。竜太郎は、刑務所入りした兄弟分大松虎吉にお若のことを託されたがこのことを知った貸元の大宮は総長の座を我がものにするために、二人の仲を断ち切ろうと、イカサマ師の蜘蛛の十郎を使ってお若を手ごめにしてしまった。これを知った竜太郎は、お若を寝とり一緒に逃げた十郎を追って浜松に向った。浜松で、十郎とお若を追いつめながら逃がしてしまった竜太郎は、賭場荒しに間違えられるが、そのことがきっかけで土地の河合組貸元河合己之吉と知りあった。

解説

原作は「週刊大衆」に連載中の藤原審爾の「総長への道」。脚本は『人斬り観音唄』の高田宏治、監督は『昭和残侠伝 死んで貰います』のマキノ雅弘。撮影は『驚異のドキュメント 日本浴場物語』の赤塚滋がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1971)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:マキノ雅弘
    出演:高倉健/若山富三郎/鶴田浩二