作品 映画館 ニュース

独立愚連隊西へ

北支戦線を背景に規格外れの兵隊達の活躍を描く『独立愚連隊』の姉妹編。

北支戦線。歩兵第四六三連隊は八路軍に攻撃を受け、軍旗を抱いて脱出した北原少尉を残し、玉砕した。北原の消息は分らなかった。師団本部は将軍廟の第四六三連隊留守隊長大江大尉に軍旗捜索を命令し、増援隊として現役小隊を派遣した。その小隊は、隊長左文字少尉以下、日本軍隊からは厄介者扱いを受け、危険な戦線ばかりを転戦している独立左文字小隊だった。将軍廟の新米歩哨兵に小川を渡河中敵兵とまちがえられ、裸のままで追い払われた。神谷一等兵は行万不明となった。裸で兵隊は勤まらぬ。左文字小隊は味方の軍用トラックを襲撃、被服、武器を揃えて将軍廟に入城するが…。

解説

『大学の山賊たち』のコンビ関沢新一と岡本喜八のオリジナル・シナリオを、岡本喜八が監督した。撮影は『悪い奴ほどよく眠る』の蓬沢譲。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • 戦争 

公式サイトはこちら