作品 映画館 ニュース

男対男

『国定忠治』の谷口千吉が監督したアクション・ドラマ。

梶と菊森は北支戦で射撃の腕を争った親友だが、戦後梶は沖仲士の班長、菊森はキャバレーの社長をして同じ横浜に暮らしていた。梶の勤める増江海運では作業中の事故が続出した。不審を抱いた梶は、菊森の“ブルームーン”に探りを入れたが、目撃したのは女給のはるみと遊ぶ敏夫の姿だけだった。風太郎たちの船上ホテルに寄った梶は、札束をもつ三太が五十嵐というやくざから荷抜きを頼まれたことを聞いた。その夜待伏せる梶の目前で、五十嵐は何者かに射殺された。菊森は神戸のボス塚本から、麻薬ルート開拓のため増江海運乗っとりを命じられる…。

解説

『静かな脱獄者』の池田一朗と、小川英の共同オリジナル・シナリオを、『サラリーマン御意見帖 出世無用』の西垣六郎が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • アクション 

公式サイトはこちら