トリコロール 白の愛

フランス国旗を構成する三つの色をモチーフにした、キェシロフスキ監督のトリコロール三部作の二作目。

パリ。まだ片言のフランス語しか話せないポーランド人のカロルは、性的不能が原因でフランス人の妻ドミニクに離婚を求められている。カロルは裁判所で時間がほしいと哀願するがドミニクはもう愛してない、と言い捨てる。行き場をなくしたカロルは地下鉄の通路で同郷のミコワイに出会う。2人は奇妙な友情を温め始める。彼はカロルに人生に絶望して死にたがっている男に手をかす気はないか、ともちかけるがカロルは断わる。彼はミコワイのトランクに隠れ、パリで見つけた少女の胸像を抱えながら故郷に再び戻る…。

解説

弁護士で理論家でもあるクシシュトフ・ピェシェヴィチが共同脚本。製作はマラン・カルミッツ。撮影はエドヴァルト・クオシンスキ、美術は、ハリナ・ドブロヴォルスカ、クロード・ルノワールが担当。「青の愛」のジュリエット・ビノッシュに続き今回ヒロインを演じるのはジュリー・デルピー。「ゴダールの探偵」「汚れた血」などで注目され近年は、フランス、ポーランド、アメリカなどで国際的に活躍している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • フランス(1994)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:クシシュトフ・キェシロフスキ
    出演:ジュリー・デルピー/ズビグニエウ・ザマホフスキ/ヤヌーシュ・ガヨス