作品 映画館 ニュース

スタンドアップ

オスカー3大女優競演。女性鉱山労働者の闘いを描く感動の実話

子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子供たちのために、自立を目指して、鉱山で働きだす。だが職場では、男性社会に進出してきた女性に対する会社ぐるみの厳しい洗礼と、屈辱的な嫌がらせが待っていた。

解説

鉱山労働者として働くシングルマザーが、男性社会の中で立ち上がっていく姿を、実話に基づいて描く感動作。『モンスター』で主演のシャーリーズ・セロンが、入魂の演技を披露。女性の脆さと強さという相反する両面をクロースアップひとつで表現してしまう様に、胸が詰まるような感動を呼び起こされる。脇を固める俳優陣にもこれ以上ない実力派がそろった。フランシス・マクドーマンド、シシー・スペイセクの両オスカー女優に加え、堅物な父親を演じるリチャード・ジェンキンズの号泣必至の名演も見逃せない。監督は『クジラ島の少女』の監督ニキ・カーロ。ミネソタの風景を登場人物の一員のように切り取り、ドラマに立体感をもたらしている。

2006年1月14日よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて

  • 配給
  • ワーナー・ブラザース映画
  • 製作国
  • アメリカ(2005)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ニキ・カーロ
    出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン

公式サイトはこちら

(c)2005 Warner Bros. Entertainment Inc.