橋蔵の若様やくざ

河野寿一が監督した橋蔵の時代劇。

宮津藩の松平丹後守に千鳥の香炉が将軍から贈られた。その家宝が盗まれたのである。犯人は二代目鼠小僧の三郎吉である。彼は大名の風早主税之亮から仕事を請負ったのだが、金をくれないので、その香炉を再び盗み出し、他人に渡してしまった。その頃、町に鼠小僧を探して歩く鯛平という男がいた。鯛平は阿部川勘蔵という浪人と知合い、同居生活を始めた。

解説

北園孝吉の「おとぼけ侍」を、『お役者変化捕物帖 血どくろ屋敷』のコンビ結束信二が脚色し、撮影は『丹下左膳 濡れ燕一刀流』の川崎新太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:河野寿一
    出演:大川橋蔵/木村功/大川恵子