作品 映画館 ニュース

口笛が流れる港町

小林旭のアクション・ドラマ

渡り鳥の伸次は、殺し屋の太刀岡に出あった。互いの拳銃の腕前を知った。伸次は相良牧場についた。今はさびれていた。牧場主の相良は酒におぼれ、的場組のボス的場の経営するキャバレーで、その妹君江にうつつをぬかしていた。賭博の借金をネタに、的場は牧場を乗っとろうとしていた。ゴルフ場にするためだ。的場組の乾分が測量にやってき、管理人の杉山と牧童をなぐった。伸次は軽くそれを助け、その夜、的場の賭場へ行く。太刀岡がいた。ゲームでは勝った。--相良の妹・杏子が知らせで帰省した。的場の求婚をさけて東京の女子大に通っていたのだが。的場はそれを知ると相良をおどし始めた。君江の忠告もきかなかった。的場は伸次を見こんで雇い入れ、自分からシボリとる太刀岡を殺せと命じた。太刀岡は三年前、的場に頼まれ、相良の先代を殺した。その時、何者かが太刀岡を狙った。的場はその者を教えるからと、彼に信夫から牧場の権利書を奪わせた。伸次が待ち伏せて、奪い返した。殺せという的場の命令は実行しなかった。彼は的場から地下室へほうりこまれたが…。

解説

山崎巌の原作を、「波止場の無法者」のコンビ松浦健郎が脚色し、斎藤武市が監督した小林旭のアクション・ドラマ。撮影も「波止場の無法者」の高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • アクション ドラマ
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:斎藤武市
    出演:小林旭/浅丘ルリ子/木浦佑三