作品 映画館 ニュース

同じ月を見ている

窪塚洋介が「これまでなら選ばなかった」役に挑んだ復帰作。幼なじみ3人の、純粋でせつなすぎる友情物語

幼なじみのエミの心臓病を治したい一心で、医者の道を歩む鉄矢。恋人同士の二人のもとに、ある知らせが届く。もう一人の幼なじみのドンが、刑務所を脱走したというのだ。人の心を絵に描き出し、その人を癒してしまう不思議な力を持つドン。誰よりも純粋な心を持つドンに、大切なエミを取られてしまうのではないか・・・。そんな不安と暗い思い出を抱える鉄矢、そして二人の間で心が揺らぐエミの前に、ドンが7年ぶりに現れる。

解説

窪塚洋介の映画復帰第一作は、土田世紀の同名コミック。当初、窪塚の役は原作の主人公・ドンだったが、本人があえて熊川鉄矢役を希望したことをきっかけに、映画版では主人公がドンから鉄矢に変更されている。ドン役を演じたのは、『インファナル・アフェア』で大ブレイクした香港映画界のスター、エディソン・チャン。エディソンは台詞が少なく難しいドン役を繊細に演じ、窪塚に「彼が演じてくれてよかった」と言わしめた。ヒロインは、05年「あずみ」で明治座史上最年少座長を務めた黒木メイサ。純粋だからこそ傷つけ、また傷つけられてしまった友情を描く、美しくもせつない作品。

2005年11月19日より丸の内TOEI1ほか全国東映系にて

  • 配給
  • 東映
  • 製作国
  • 日本(2005)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:深作健太
    原作:土田世紀
    脚本:森淳一
    出演:窪塚洋介/黒木メイサ/エディソン・チャン

公式サイトはこちら