作品 映画館 ニュース

着流し百人

新シリーズ“着流しヤクザ”第一作目

大正中期・上州前橋。旅修業中の渡世人山田角太郎は前橋監獄前にさしかかった時、出所したばかりの老ヤクザ南部鉄五郎を三人の刺客の手から助けた。ぜん息持ちの鉄五郎の身を案じた角太郎は金沢まで同行する。ある温泉で角太郎は、旅の渡世人米吉と、女刺青師・乱れ菊のお半と知り合った。その夜、ふたたび刺客が鉄太郎を襲った。そしてその刺客は金沢の金時親分がさし向けたものであったことが判明した。十三年前、当時旅中の鉄五郎は、代貸であった金時が跡目ほしさから親分を闇討ちしたのを目撃した。そして二年後、それとも知らず金時一家に草鞋を脱ぎ、親分殺しを知られている金時は一宿一飯の義理をたてに対立する夕立一家の親分殺しを鉄五郎に命じた。鉄五郎は夕立親分を殺し義理を果たしたが、夕立親分の八歳の娘のあどけなさが眼に焼き付いて離れなかった。鉄五郎の金沢入りは成長したその娘に、父の仇であることを名乗り出るためだったのである。

解説

北陸金沢を舞台に個性豊かな博徒群像を軽快なタッチで捉える。脚本は松浦健郎、監督は「極道罷り通る」の小沢茂弘、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1972)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:小沢茂弘
    出演:鶴田浩二/森秋子/水島道太郎