作品 映画館 ニュース

日本の首領 完結篇

「日本の首領」三部作の完結篇!!

関東同盟理事長、大石剛介と、関西中島組組長、佐倉一誠の間には表向きには平穏無事な日々が続いていたが、日本政財界最大の黒幕、大山喜久夫が癌で倒れたことにより、両者の間に再び不穏な空気が漂いはじめた。大山は佐倉の娘婿の医師、一宮恭介の執刀で九死に一生を得た。大山は任侠団体の統一合体を提唱するが、全国制覇の野望に燃える佐倉、大石は、ともに同意せず、虚々実々のかけひきが始まる。サイパン島開発という国家的な大事業に着眼した大石は大山を後盾に保守党中久保派の伊庭官房長官に接近する。平山幹事長から大石の野心を聞いた佐倉は大いに動揺した。だが、大石、佐倉の当面の問題は資金調達にあった。佐倉の胸中を読んだ川西は、膨大な土地、不動産を持つ松原産業の子会社、木村建設を倒産に追い込むが…。

解説

日本最大の暗黒ファミリーとそれを率いる首領(ドン)の存在を通して、壮大な人間ドラマを描く「日本の首領」三部作の完結篇。脚本は「多羅尾伴内」の高田宏治、監督は「日本の首領 野望篇」の中島貞夫、撮影も「日本の首領 野望篇」の増田敏雄がそれぞれ担当している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1978)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:中島貞夫
    出演:三船敏郎/桜町弘子/山本由香利