作品 映画館 ニュース

女賭博師乗り込む

「三匹の女賭博師」の田中重雄が監督した“女賭博師”シリーズ第六作目

深川芸者小志乃の娘銀子は、一人前の芸を身につけながらも、昇り竜のお銀と名乗り、横井興業の社長のお抱えツボ振りだった。名人といわれるほどの銀子には、しかし、横井の賭場には嫌気がさしていた。社長の情婦でストリッパーのユカリが、座興にストリップをやって賭場の空気を乱していたからだ。しかもユカリがツボを振りたい、という野心をもっているのを知ってからはなおさらである。そんな時、銀子の妹昌代が横井の部下青木に身体を奪われそうになった。そこへ来合せたツボ振りの名人奈良井が、昌代を助けるのだが…。

解説

「関東女賭博師」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「三匹の女賭博師」の田中重雄が監督した“女賭博師”シリーズ第六作目。撮影はコンビの中川芳久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1968)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:田中重雄
    出演:江波杏子/安田道代/三条魔子/浪花千栄子