やくざと抗争 実録安藤組

終戦後、渋谷を支配した「安藤組」結成を描いたヤクザ映画

昭和二十四年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場を殺し、縄張りを手中に収めた。

解説

「やくざと抗争」シリーズ第二作。二作目も安藤昇原作・小説の映画化であるが、前作と違って、安藤昇自身がモデルとなっている。不良学生グループのリーダーだった安藤昇がやくざ、テキヤを相手に血で血を争う抗争を繰り返しながら、“安藤組"を結成するまでを描く。脚本は「やくざと抗争」の石松愛弘、監督も同作の佐藤純彌、撮影は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1973)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:佐藤純彌
    原作:安藤昇
    出演:安藤昇/袋正/江守徹/佐藤蛾次郎/北川恵一 ほか