作品 映画館 ニュース

日本の仁義

菅原文太、千葉真一主演のやくざ戦争を描いた作品

三流紙の記者関則夫は次期参院選出馬をひかえている阪鉄社長の稲田が男性歌手とホモ関係にあることをつかむ。しかし、この記事は没になり、関はそのうっぷんをはらすかのように酒をのみ、ふとした事から新宮会の木暮にこのことを知られる。木暮は関から聞いた事を新宮会若頭の須藤に話し、稲田をゆすり金をせしめる。その頃広島では大阪で新宮会と勢力を二分する千田組系の日下組と村井組が戦争をはじめ、この時とばかりに会長新宮英策は村井組と盃事をかわすが…。

解説

前作『やくざ戦争 日本の首領』に続き、やくざ戦争を描く第2作目。脚本は『沖縄やくざ戦争』の神波史男と『新宿酔いどれ番地 人斬り鉄』の松田寛夫と『バカ政ホラ政トッパ政』の中島貞夫の共同、監督は『やくざ戦争 日本の首領』の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1977)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:中島貞夫
    出演:菅原文太/千葉真一/織本順吉/山本麟一/野口貴史/国一太郎