日本侠客伝 昇り龍

火野葦平の『花と龍』の映画化

大正の中頃、若松の石炭仲仕の小頭「玉井組」の玉井金五郎は、二日市の外れにある古い湯の町、武蔵野温泉を目的とした、仲仕の親分衆の旅行会に同行した。金五郎はそこで、共同組の友田喜造の子分たちに斬られ深手を負った。ゴンゾ衆の生活向上を願う金五郎は、小頭組合を結成しようと運動し、それが友田の怒りにふれたのだった。追われる金五郎を救ったのは、浅草の女刺青師お京だった。そして金五郎に一目惚れしたお京は、金五郎の体に、一生一代の刺青「昇り竜」を彫りこんだ。

解説

火野葦平の『花と龍』の映画化。脚本は『日本女侠伝 鉄火芸者』の笠原和夫、監督は『シルクハットの大親分』の山下耕作。撮影は『舶来仁義 カポネの舎弟』の吉田貞次がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:山下耕作
    原作:火野葦平
    脚本:笠原和夫
    出演:高倉健/藤純子/中村玉緒/片岡千恵蔵/鶴田浩二/伊吹吾郎