くノ一忍法

山田風太郎の同名小説を映画化

大阪落城の前夜、真田幸村は豊臣の血が断絶するのを恐れ、信濃の女忍者、お喬、お眉、お瑶、お由比、お奈美の5人に命じて、秀頼の子供をみもごらせた。一方千姫はこの5人の女忍者を連れて、大阪城を脱出したが、探知した家康は、豊家の血を断絶せんと伊賀忍者、鼓隼人、七斗捨兵衛般若寺風伯、雨巻一天斎、薄墨友康の5人に、女忍者殺害の命を与えた。千姫御殿にとじこもった千姫に坂崎出羽守は強引に結婚を迫ったが、家康はこれを受けつけなかった。

解説

山田風太郎の同名小説を『月曜日のユカ』の倉本聰と『間諜』の中島貞夫が共同で脚色、中島貞夫が監督した忍者もの。撮影は『忍者狩り』の赤塚滋。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1964)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚色:中島貞夫
    原作:山田風太郎
    脚色:倉本聰
    出演:芳村真理/中原早苗/三島ゆり子/金子勝美/葵三津子/野川由美子