作品 映画館 ニュース

緋牡丹博徒 お竜参上

“緋牡丹博徒”シリーズ第6作

お竜は数年前、死に追いやったニセお竜の娘お君を探しながら渡世の旅を続けていたが、長野の温泉町で知り合った渡世人青山常次郎から浅草にいると聞き、東京へ向った。浅草にやってきたお竜は鉄砲久一家に草鞋をぬいだ。鉄砲久は娘婿の鈴村が、六区に小屋をもっている関係で、一座の利権をにぎっていた。だが、同じ浅草界わいを縄張りとする鮫洲政一家は一座の興行権を奪おうと企んでいた。鮫州政一家の勘八のふところをねらったスリのおキイだが、しくじり危ういところを彼女に思いをよせる銀次郎に救われた。

解説

『緋牡丹博徒 花札勝負』でコンビを組んだ鈴木則文と加藤泰が脚本を共同執筆し、加藤がメガホンをとった“緋牡丹博徒”シリーズ第6作。撮影は『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』の赤塚滋が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1970)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:加藤泰
    脚本:鈴木則文
    出演:藤純子/若山富三郎/嵐寛寿郎/汐路章/平沢彰