ジャンピン・ジャック・フラッシュ

テリー(ウーピ・ゴールドバーグ)は銀行でコンピュータを操作している平凡な0Lだが、世界各国とのコンピュータ通信のあい間に料理のやり方やセックス相談までして、上司のページ(ピーター・マイケル・ゴーツ)から厳しく注意される。しかし、彼女にはまるで反省の色がない。ある夜、コンピュータにジャンピン・ジャック・フラッシュというコード・ネームの男からの通信が入った。ローリング・ストーンズの同名曲にキー・ワードが入っているというので、テリーは何度も聞いてキー・ワードをつきとめた。翌晩、ジャックと通信し、彼に頼まれた通り英国領事館に行き代理大使のジェレミー・タルボット(ジョン・ウッド)に「犬が吠えてる、傘がないと飛べない」という暗号を伝えるが、相手にされない。次にジャックのアパートに行って、底に人名がかかれたフライパンを発見。外為課にマーティ(スティーブン・コリンズ)と名乗る男が転勤してきた。テリーはジャックが英情報部員で、東欧圏にとじこめられ脱出できないことを知った。フライパンに書かれていたヴァン・ミーター(ジェローン・クラブ)に波止場で会うが、狙撃されて彼は殺される。彼の葬儀でフライパンの底に書かれていたもう1人のリンカーン(ロスコー・リー・ブラウン)を見かけた。テリーは英領事館のパーティに忍び込み、コンピュータから脱出を手助けする人物名を探し出そうとする。翌日、彼女は誘拐されて地下室に閉じこめられる。黒幕はタルボットだった。からくも脱出。銀行のコンピュータ室にタルボット一味が侵入し、銃撃戦になるが、マーティが彼らを倒した。マーティとリンカーンはCIAの情報部員だった。その後、テリーは無事脱出してきたジャックと会うことができた。

解説

コンピューター・オペレーターがスパイ騒動に巻きこまれるというコメディ・スリラー。製作は「コマンドー」のローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー。監督は女優から転向してこれが1作目になるぺニー・マーシャル。デイヴィッド・H・フランゾーニの原案を彼とJ・W・メルヴィル、パトリシア・アーヴィング、クリストファー・トンプソンが脚色。撮影はマシュー・F・レオネッティ、音楽はトーマス・ニューマンが担当。出演はウーピ・ゴールドバーグ、スティーブン・コリンズほか。

1987年5月30日より

  • 配給
  • 20世紀フォックス映画
  • 製作国
  • アメリカ(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト