荒野の渡世人

高倉健主演の和製西部劇

混血青年ケン・カトウは、両親を虐殺した5人の無法者を追って復讐の旅に出た。目指す相手は、カースン、フランコ、ダンカン、チェック、ビリー。その途中、ケンは馬を失って、牧場の一時雇いになった。そこで出逢ったのは忘れもしない一味のダンカンとチェック。ケンは素早くガンを抜いたが、それを阻止したのは孤独な老ガンマン、マービンだった。ケンに同情を寄せる彼は、ケンの腕では勝目がないと両者の間に入ったのだ。

解説

『講道館破門状』の石松愛弘がシナリオを執筆し、『続 組織暴力』の佐藤純彌が監督した和製西部劇。撮影は『獄中の顔役』の星島一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1968)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:佐藤純彌
    出演:高倉健/ケネス・グッドレッド/モーリン・サリバン/ケブン・クーニィー/ロン・リー