アイ,ロボット

『掟』を破り、暴走を始めたロボットたちが、人間社会を襲うサスペンス・アクション

西暦2035年。家庭用新型ロボットNS−5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS−5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。

解説

本作は、SF小説家、アイザック・アシモフの「われはロボット」をモチーフにした近未来アクション。アシモフが作品の中で考え出した「ロボット3原則」(人間に危害を加えない、人間の命令に服従する、前の2条に反しない限り、自己を守る)を軸に、合理社会の落とし穴と人間の過信の怖さを、壮大なエンターテイメントとして描いていく。

2004年9月18日より日劇1ほか全国東宝洋画系にて

  • 配給
  • 20世紀フォックス映画
  • 製作国
  • アメリカ(2004)
  • ジャンル
  • SF/ファンタジー スリラー/サスペンス
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:アレックス・プロヤス
    出演:ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/ブルース・グリーンウッド・ジェームズ・クロムウェル/チー・マクブライド/アラン・テュディック

公式サイトはこちら