作品 映画館 ニュース

男の怒りをぶちまけろ

“トニー”こと赤木圭一郎主演のアクション

ある夜、羽田発の大型旅客機が伊豆半島上空で行万不明になった。その日の早朝、毎朝新聞の三沢十郎は国道の自動車事故を取材に行った。帰途、彼は東京行きのトラックに便乗した。途中、怪漢が車を止め、十郎は殴打され意識を失った。都内に入り、車は運転手と十郎を乗せたまま、海に突入した…。気がついた時、十郎はバー“鈴”にいた。マダムの鈴江は彼を助けたのが村西という男だといった。警視庁もデスクの岩井も十郎の訴えにとりあわなかった。トラック事故は酔払い運転とかたづけられ、運転手の妹章子も、十郎の話を信じなかった。

解説

竹森竜馬・中西隆三の共同脚本を、『打倒(ノック・ダウン)』の松尾昭典が監督したアクション・ドラマ。撮影は『素っ飛び小僧』の岩佐一泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:松尾昭典
    出演:赤木圭一郎/浅丘ルリ子/二谷英明/渡辺美佐子/金子信雄/内田良平