少女ヘジャル

民族の溝を静かに埋める、老人と少女の心の交流を描く感動のドラマ

トルコのクルド人弾圧により、孤児になった少女へジャルは、親戚の家へ預けられた。しかし、クルド人分離独立派の親戚一家は、突入した警官に殺されてしまう。生き残ったヘジャルは、75歳の元判事ルファトの部屋へ入り込む。ルファトはヘジャルを家に置くが、クルド語しか話さないヘジャルと心が通じあわない。ある日、ルファトはヘジャルの身寄りを訪ねるが、故郷を追われたクルド難民の生活を目の当たりにし、引き返してしまう。ルファトは少しずつ、ヘジャルに愛情を感じ始めていた。

解説

本作は、クルド語しか話さない5歳の少女と、トルコ語しか話さない75歳の老人が、ともに生活し心を通わせていくドラマ。トルコにとってクルド人問題はデリケートな題材だが、本作では、警察によって弾圧されたクルド人が登場し、政府が公式に認めないクルド語が使われている。そのため、トルコ国内では感動の娯楽作として高い評価を受けたにも関わらず、公開から5ヵ月後、突然上映禁止となり、6ヵ月後にやっと再上映を許可された。

2004年6月12日より東京都写真美術館ホールにて

  • 配給
  • アニープラネット
  • 製作国
  • トルコ(2001)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ハンダン・イペクチ
    出演:シュクラン・ギュンギョル/ディラン・エルチェティン/フュスン・デミレル/ユルドゥス・ケンテル/I・ハック・シェン

公式サイトはこちら